0120-972-655(お問い合わせ電話窓口)平日9:00∼17:30
リモートアクセス「V-Warp」

利用者の変更(ライセンス番号を別ユーザへ割り当て)

V-Warp では、利用者が接続できるホスト PC(会社などにある接続先 PC)が決まっています。そして、ホスト PC はライセンス番号によって識別されます。このライセンス番号を利用者に割り当てることで、利用者の接続できるホストPCが決まります。 利用者を変更する際の、ライセンス番号の割り当てを変更する手順を以下で説明します。


ライセンス番号の解放

①ライセンス番号の利用者を変更するためには、まず解放する必要があります。この操作は、 『ユーザ管理者ページ』画面へログイン直後のライセンス番号一覧の画面で行います。割り当てを解除したいライセンス番号右端のメールアドレスをクリックし、 プルダウンから「解放」を選択してください。


② 「メールアドレス」欄が、「解放」と表示され、解放状態となります。


③ 解放状態になった行をクリックして選択状態(青背景)にし、画面右上のメニューから「指定行の割当情報更新」を選択してください。


④ 「ライセンス利用状況」が、「割当済み」から「未割当」の状態に戻ります。「未割当」の状態に戻ったライセンス番号は、初期設定時の割り当てと同様の手順で利用者に割り当てることができます。


ライセンス番号の割り当て

登録したユーザに、ライセンス番号を割り当てます。ユーザは割り当てられたライセンス番号の数だけホスト PC(接続先の PC)を利用できます。


① 登録したユーザに、ライセンス番号を割り当てます。画面右上のメニューから「利用者情報」を選択し、利用者一覧画面を開き、ライセンス番号を割り当てるユーザを選択します(選択された行は、青で表示されます)。ユーザを選択した状態で、画面右上のメニューから「指定ユーザへライセンス割当」を選択します。


② 「指定ユーザへライセンス割当」を選択すると、ライセンス番号一覧が表示されるので、その中から、「未割当」のものを選択状態にし、画面右上のメニューから「指定行のライセンス割当」を選択すると、「未割当」から「割当済み」に切り替わり、ライセンス番号の割り当てが完了します。